前へ
次へ

家庭教師と個別指導塾は何が違うか

塾は一人の講師が多くの生徒に対して授業を行うスタイルで、学校と同じと言えるでしょう。
家庭教師は一人の生徒に対して一人の講師が授業を行います。
と言っても講師が一方的に話すわけではなく生徒がいつでも質問ができる環境を用意していると言った方が良いかもしれません。
両者にはそれぞれメリットとデメリットがありますが、最近はそれを融合したようなサービスとして個別指導塾があります。
一般の塾のように通塾しながら家庭教師のようにマンツーマンに近い形で授業を受けます。
違いが気になるところですが、授業のやり方はほぼ同じと言えるでしょう。
生徒が問題集などを使って勉強をしていき、分からないところなどがあると講師を呼ぶことができます。
周りに他の生徒や講師がいるのでそれが気になるときもありますが、勉強に集中していればそれほど気にならないかもしれません。
個別指導塾だと塾の施設を自由に利用できるメリットがあります。
自習室などが用意されているところなら、授業以外の時間も自分で勉強ができます。

Page Top